たった一杯のお味噌汁

今更ながら、たった一杯のお味噌汁を
おだしからきちんと作ってみたいなあと思う今日この頃・・・(‘ω’)

『日本人なら誰もが知っているお味噌汁。
でも、実は、「御御御付け」と呼びます。
「御」を三つも付けるくらい、実はすごい料理なのです。
名に負けず、たった一杯で、
私たちの身体を調えてくれるスープ。
一日一杯、これさえあれば、胃腸と血液の状態がよくなり、
元気のベースができます。
~省略~
お味噌汁をおいしくつくるための意外なコツは、鍋に蓋をしないで煮ること。
野菜の独特の青っぽいにおいや水っぽさが残らず、とてもおいしくできます。
もう一つのおすすめは、味噌を入れる前に、すること。
一度火を止め、小さなすり鉢で味噌をすります。
さらにそこへ、具材の入った鍋の湯をお玉1杯分程度すくって、するのです。
このひと手間で、香りも立って、味わいもまろやかになります。』

以上、オーガニックベースの奥津さんの書籍
「奥津典子の台所の学校 つくる、たべる、わらう。」の
56頁より、抜粋させて戴きました。
一年前に購入した本ですが、台所と食について、
じっくりと丁寧に書かれていて内容の濃い素晴らしい本です。

ズボラな私にとっては、中々真似できないですが(>_<)
心を入れ替え☺
少しずつ読んで、出来るところから
やっていこうと思いました。

これから、真の健康のために時間を作って、
丁寧に料理したいな~という方に
ぜひおすすめします💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。